ヒルズ柿の木坂
アンソレイエ柿の木坂
d-Flat
サンハイム大崎(208)

おすすめ物件 仲介手数料半額物件 仲介手数料無料物件 物件一覧

トピックスバックナンバー

2022年4月18日

不動産経済研究所が発表した2021年度の首都圏マンション市場動向では、発売戸数が前年度比13.2%増で2018年度以来3年ぶりの3万戸台となった。
1戸当たりの平均価格としては同6.1%上昇となり2期ぶりの上昇で、平方メートル単価としては同5.2%上昇となり10期連続の上昇で、いずれも最高値を更新している。

2022年3月22日

国土交通省が発表した令和4年地価公示では、1月1日時点の地価変動率(全国平均)が全用途平均で0.6%上昇。
住宅地は0.5%上昇、商業地は0.4%上昇と、いずれも2年ぶりに上昇に転じた。
新型コロナウイルス禍から経済が徐々に持ち直していることを映し出した。

2022年2月10日

首都圏不動産流通市場動向の発表では、1月の中古マンション成約件数は前年同月比で20.7%減と大幅に減少した。
なお、1平方メートル当たりの成約単価は11.5%上昇となり21カ月連続の上昇であった。

2022年1月25日

不動産経済研究所が発表した2021年の首都圏新築マンションの平均価格は、前年比2.9%上昇の6260万円と過去最高になった。
過去最高を更新するのは、バブル期の1990年以来31年ぶり。
また、発売戸数においては、ピークだった2000年の3分の1にとどまっている。

2021年12月21日

不動産経済研究所によると、2022年の首都圏の新築マンション発売戸数が21年比4.6%の増加になる見通しとのこと。
新型コロナウイルスの感染拡大前の19年を2年連続で上回ることになる。

2021年11月30日

国土交通省が公表した8月分の不動産価格指数では、東京都の住宅総合が前月比1.4%増だった。
物件種別では、住宅地が同5.3%増、戸建住宅が同0.2%増、区分所有マンションが同1.9%増となった。

2021年10月18日

東日本不動産流通機構は、2021年7~9月期の首都圏不動産流通市場動向を発表した。
当期の首都圏中古(既存)マンションにおいては、1平方メートル当たりの平均成約単価が前年同期比9.3%上昇と5期連続で前年同期を上回った。
平均成約価格としては、3,897万円(同6.6%上昇)と12年36期連続で上昇となった。

2021年9月10日

(公財)東日本不動産流通機構によると、本年8月の不動産流通市場動向では首都圏中古マンションの成約件数が前年同月比14.3%減となり、2ヵ月連続で前年同月を下
回った。
1平方メートル当たりの成約単価では同7.9%上昇となり、16ヵ月連続で上昇し、平均成約価格としても同3.5%上昇となり、15ヵ月連続の上昇となった。

2021年8月3日

住宅金融支援機構が発表の2020年度「フラット35利用者調査」の結果では、利用者の
平均年齢が40.3歳で4年連続の上昇だった。特に50歳以上の割合が増加しているとの
こと。
また、既存戸建ての築年数で見ると平均で20年となり、10年連続で長期化しているこ
とが分かった。特に築21年以上の割合が増加傾向にある。

2021年7月1日

国税庁発表による2021年分の路線価では、標準宅地の評価基準額の対前年変動率が全国平均で0.5%下落(前年:1.6%上昇)と6年ぶりに下落した。新型コロナウイルスの影響で観光地や繁華街などがマイナスに転じている。

売る:売却 学芸大学付近の駐車場 住まい選びのポイント お役たちリンク集 不動産用語集 会社概要 アクセスマップ がくるーむ お問い合せ facebook

ページTOPへ